派遣会社を設立するには?
派遣会社を設立するには?
派遣会社を設立するには? > 派遣会社設立に関する相談

派遣会社設立に関する相談

派遣会社を設立する場合、一般的な企業とは少し異なる点もあるので詳しい専門家に相談したいと思う人も多いのではないでしょうか?
まず派遣会社の大きな特徴と言えば厚生労働省の許可が必要な点で、これは一般的な業種にはないことです。
派遣業の場合人を扱う仕事になるので、派遣元責任者講習を受講しなければならず、これを受講してから会社設立に動き出す人も少なくありません。

さらに最大の難関となるのが資本金の準備で、これは一般派遣業の場合2000万円必要となりますからこの資金調達についても考える必要があります。
そのほかにも一般的な会社設立に向けての定款の作成や各種手続き、登記の方法などいろいろやることはありますので、間違いのないように専門家の力を借りるのは得策だと言えます。

それでは派遣会社を設立するときに相談できる専門家はどんな人がいるのでしょうか?
これはまず税理士で、税理士は企業で顧問契約している人も多く会社について詳しく知っている人がほとんどですから会社設立に関することだけでなく運営についてもアドバイスを受けられるはずです。
中でも社会保険労務士の資格を持っている税理士だと保険に関する相談なども一緒にできるので、重要なポイントを同時に抑えることができると思います。

基本的に企業が顧問契約を結ぶ税理士は税理士の資格だけでなく、先ほどあげた社会保険労務士や中小企業診断士などの資格を一緒に持っている人が多いです。
したがって相談するならこういったエキスパートを探するのが一番なので、評判の良い人を見つけて一度話をしてみましょう。

良い税理士との出会うためのポイントとして評判の良さを調べることはもちろんですが、実際に話してから決めることがとても大切になります。
人から聞いた評判であったり、インターネット上に書かれていることだけを鵜呑みにしてしまうと実際に話してみてイメージと違ったというケースがけっこうありますから注意が必要です。