派遣会社を設立するには?
派遣会社を設立するには?
派遣会社を設立するには? > 派遣会社設立に必要な保険

派遣会社設立に必要な保険

派遣会社に限らず会社を設立するなら必ずやらなければならないのが保険加入です。
そこでここでは会社設立にあたって必要な保険についてお話していきたいと思いますので、将来的に事業を起こしたいと考えている人、あるいは派遣業をすることを決めている人も参考にしてください。

はじめに会社設立にあたって加入が義務付けられているのが社会保険と労働保険で、この加入申請を通らなければ設立することはできません。
それでは社会保険と労働保険はそれぞれどのような意味合いを持つものなのでしょうか?

まず社会保険ですが、これには健康保険と厚生年金の二種類があります。
健康保険は文字通り自身の健康を維持していくための保険で、怪我や病気などを患ったときに病院で治療を受けたりするときの負担を減らすことができます。
健康保険適用の治療内容であれば3割負担で受けられますので医療費の負担は大幅に減ります。
一方厚生年金はいわゆる国民年金と同じ意味合いのもので、健康保険にせよ厚生年金にせよ企業が一部を負担するようになっています。

次に労働保険ですが、こちらも労災保険と雇用保険の二種類があります。
まず労災保険は仕事中に事故などに巻き込まれて働けなくなってしまったり、感染症にかかって休まなければならなくなったときに適用される保険です。
もうひとつの雇用保険は退職後の生活を一定期間保証する保険で、自己都合の退職なのか会社都合の退職なのかによってもらえる時期が異なります。
労働保険も一部会社が負担することになっています。

このように社会保険は社員を守るための保険であり、安心して働く環境を整えるためにも必要な保険だと言えるでしょう。
ただ派遣会社の場合は2ヵ月以内の期間で臨時に使用される人(期間雇用者)と、日雇い(1日限り)の雇用になる社員には適用されません。
そして4か月以内の短期間雇用の場合、そして臨時で派遣される6か月以内の社員にも適用されません。