派遣会社を設立するには?
派遣会社を設立するには?
派遣会社を設立するには? > 派遣会社設立のための資本金

派遣会社設立のための資本金

派遣会社設立にあたって最大の難関となるのが資本金だと思いますが、派遣会社は一般の会社設立と違って決められた資本金額以上のお金を用意しないと設立することができません。
一般的な株式会社を立ち上げる場合、必要な資金は定款の認証や登記のためのコストでだいたい200,000円程度、資本金は特に決まっていませんが数百万円あればはじめること自体はできると思います。
しかし派遣会社の場合、現在厚生労働省から特定労働者派遣事業の事業廃止命令が出ているため、一般派遣(人材派遣)のみとなりました。
一般派遣の会社を設立するとなると許可を取るためには資本金2000万円(内現金1500万)必要になることが決められているため、まずはその資金を用意しなければなりません。

2000万円はかなり大きな資金ですし、いきなり何もないところからスタートするには資金調達がけっこう難しいこともあります。
銀行で融資してもらうにしても渋られる可能性が高いですし、そもそも資本金を銀行に融資してもらうのは会社設立のルールとしては違反になりますので、おすすめできません。

したがって自分の持つ資産のみで2000万円を集めなければなりませんから、そのための努力をする必要があります。
たとえば土地を持っているならそれを売却するなどまずは財産を切り崩すところからはじめてください。
そして資金調達を助けてくれる人を探すためには魅力的なプロジェクトを提案していかなければならないので、どれだけ派遣会社としての魅力を考えられるかもポイントになるでしょう。

なぜ派遣会社には資本金の設定がされているかと言うと、人を扱う仕事だからです。
万が一給料が支払えない状態になっても資本金がそれだけあれば最低限保証することができますのでトラブルを回避できます。
また資本金の中から給料の支払いをするのはNGではないので、資本金を用意するときに給料で使う予定のお金を別に用意する必要はありません。