派遣会社を設立するには?
派遣会社を設立するには?
派遣会社を設立するには? > 人材派遣会社と職業紹介会社の違い

人材派遣会社と職業紹介会社の違い

派遣会社に関する話題になると必ず出てくることの中に「人材派遣会社と職業紹介会社の違い」で、これは一見似ているように感じますが実はまったく違う業種なのです。
そこでここでは人材派遣会社と職業紹介会社の違いについて説明していきますから、将来的にこういった会社を設立したいと考えている方は参考にしてください。

はじめにこのふたつの決定的な違いは「どこが雇用主になるか」という点で、人材派遣会社の場合は職業を紹介するという点では職業紹介会社と変わりませんが、雇用主は人材派遣会社になります。
つまり人材派遣会社を利用して就職する場合、雇用主は派遣先の企業ではなく派遣元になりますから給料に関するシステムなどはすべて人材派遣会社の基準で行われます。
また働く期間を設定するのも基本的には派遣先ではありませんので、派遣先の企業へはあくまでも働くことだけを目的に行くことになります。

一方職業紹介会社は文字通り職業を紹介することを専業にしているため、それ以外のことは基本的にやっていません。
ですから職業紹介会社が雇用主になることはありませんし、仕事を紹介して就職が決まったらそこから先は就職先のルールに従って働くことになります。
つまり給料に関することはもちろん、働く時間や休日などもすべて就職先が決めることになります。

このように人材派遣会社は人を雇ってそこから人を貸し出すことが目的になっており、職業紹介会社は職業そのものを紹介するのが目的なのです。
人材派遣会社は人と契約するので基本的に派遣社員のみの扱いになるのに対して、職業紹介会社は正社員からアルバイト、パートまで幅広く扱っています。

ただ最近では人材派遣会社も将来的に正社員雇用を目指せるところが増えてきており、それを売りにしている会社も少なくありません。
不安定な情勢ですからできるだけ安定を求める人が多くなっていますし、やはり正社員というのはいつの時代も魅力的なのです。